トレーニングのやり方でカラダは変わる

僕の経験上トレーニングのやり方でカラダは変わると思う

 

やり方って言ってもトレーニングメニューを変えるわけじゃない

回数でもない

変えるのはスピード

 

ダイエットするときによく言われるのが軽い負荷で高回数しましょう

僕も初心者に教える時はそう教えますが結論から言いますとほぼ痩せることはないです

 

実際そのやり方でやってる人が一番わかってると思います

 

筋肉は大きく2つに分けることができます

遅筋と速筋

簡単に違いをいうと遅筋は持久力が上がり、速筋は瞬発力が上がる

短距離走の選手と長距離走の選手とで身体つきが変わるのはそういうことです

 

ではではウエイトトレーニングはどっちに当てはまるのか?ということですがどちらにも対応することができます

 

その方法として今まで言われてきたのが

高重量低回数(速筋)

低重量高回数(遅筋)

でした

 

でも僕的にこれはあまり効果がないと感じます

それにモノによってはケガもしやすいです

 

そこで僕はスピードに重点を置きました

動かすスピードによって遅筋、速筋それぞれに効かせるやり方があるからです

これはフィジーカーのJinさんやビルダーのバルキーさんがやっていたりしますが結構マイナーなやり方みたいなので是非やる人が増えて欲しいです

 

まずは速筋

これはカラダを大きくしたい人にオススメですね

回数はちなみに何回でもいいです

20回くらいやる人もいますね

ただ動きを早く行います

そうすると速筋に刺激が入りカラダが変わりやすくなります

 

短距離選手は足の回転数が早いですよね?そのおかげで脚が太くなるんですね^_^

 

 

そしてみんなが気になる遅筋

遅筋はボディメイク、ダイエットに効果的だと思います

これも回数はあまり気にしなくていいと思います

スピードはゆっくりと行います

僕は約6秒かけ6秒で戻るようにしてます

そうすることで遅筋が最大限に発達し痩せやすい身体が作られます^_^

 

長距離選手は逆に足の回転数がゆっくりです

だからカラダは細いんですね

 

このやり方に変えてから僕自身身体つきが変わりましたし他の方も結果が出てるので是非みなさんもやってみてください!!